妊婦が電磁波から赤ちゃんを守る方法とは?

電磁波が人体への影響、特に子供や高齢者など抵抗力の弱い者に対して悪影響があるということが、2011年5月末のWHO(世界保健機関)の発表により分りました。
では、特に電磁波の影響を受けやすい妊婦やその赤ちゃんはどうやって電磁波から身を守れば良いのでしょうか?
それは、電磁波の発生源から距離をとること!
電磁波の発生源とは、つまり全ての電気製品となってしまうので、ここではもう少し具体的に言いますと、電磁波の発生が強い製品としておきます。


・電子レンジ
・IH調理器具
・パソコン
・電気毛布(電気カーペット)など
どれも“使うな”ということではありません。
使い方に気をつけましょう!ということです。
電子レンジやIH調理器具を利用する際は、『電磁波防止エプロン』を着用する。
パソコンの利用時にも電磁波エプロンを着用するとともに、長時間の利用とならないよう時間を決める。
電気毛布や電気カーペットは電気が通電している時に電磁波が発生しますので、温まったら電源を切るといった使い方をするとよいでしょう。
文明の利器を全て捨てましょう、というのではなく、賢く使いましょうということをご提案したいと思います♪