携帯電話やスマホの発ガン性リスクを警告

世界保健機関(WHO)の中の専門組織である
国際ガン研究機関(IARC)によりますと、
携帯電話やスマートホンから放射されている
電磁波が“ガン”を引き起こす可能性がある
との調査報告を発表しました!
国際ガン研究機関(IARC)が2011年5月に
発表した調査レポートには、鉛、ガソリン
エンジンの排気、クロロホルムと同様の
カテゴリーの中に、携帯電話・スマホの
使用を追加したと述べました。


「発がんの危険がある」と分類されています。
特に注意しなければならないのは、免疫力が
低下している方々です。
例えば、妊婦さん、不妊治療中の女性、
乳幼児、病気療養中の方、高齢者などです。
IARCの科学者チームは、携帯電話の
電磁波にさらされることは「人体にガンを
引き起こす可能性がある」と懸念するに
足る十分な証拠を見つけたと言っています!
しかし、携帯電話会社側は認めません。
「IARCの規定の下では、偏見や他の
データ不備に基づいて結果を出した場合でも、
統計的調査から限定的な証拠が見つかる
可能性がある」と反論しています。。
IARCは、電磁波の発ガン性リスクを懸念する
消費者は電磁波の被曝を軽減するために今すぐ
予防措置を講じるよう提案しました。
例えば、ハンズフリーでイヤホンを利用する
とか、テキストメールでの送受信を多用する
などを提案しました。
あなたはどう考えますか!?