歯周病菌が早産になる危険性とは?

電磁波の影響ばかり気にしていましたが、それ以外にもまだまだ妊婦や赤ちゃんには危険がいっぱい!
2012年1月18日に放送のホンマでっかTVでは、「歯周病菌がお腹に入ると早産になる危険性がある」と紹介。
妊娠中には歯周病になる妊婦さんが増えるそうですね。これはお腹の赤ちゃんのためにも栄養を補給しなければならなく自然と食事の量が増えます。ですが、重たい体になって行動が不精になりがちでどうしても歯周病になりやすいとのこと。


歯周病にかかっているかどうかを判断するには、歯磨きをした際に血がでていないかを確認してください。
また、妊婦の口臭にも要注意!
もしも口臭が硫黄(温泉の臭い)のような臭いがしたら、歯周病の疑いがありますので、取り急ぎ歯医者にて検診してもらいましょう。
本当にホンマでっか?と聞き返したくなるような情報も多いのですが、こと健康に関する情報については医者や著名な学者さん等が紹介していますので信頼に値すると思います。
危険や危ないから要注意と言われていることはしないようにするべき!
これは自分自身のためだけでなく、元気で健康な赤ちゃんを出産するためにも大切なことだと思いませんか?