携帯電話の電磁波 影響と電磁波防止商品

日本では小中学生の4人に1人がすでに携帯電話を持っているとの調査報告があります。今後はますますその数も増していくことでしょう。
しかし、携帯電話における電磁波やその影響についての知識がある人や理解しようとしている人の数が少ないのは何故でしょうか?
そもそも、日本国内において電磁波被害や電磁波リスクなどの報道はあまりされてきませんでした。一方、アメリカやヨーロッパではテレビや新聞で報道されて、情報は国民に公開されています。
この違いは何か?


イギリスでは16歳以下の子供には携帯電話の使用を禁止しています。なぜ?
日本では迎合する人たちがあまりにも多い!
電磁波にはガン発症リスクがあると聞いたことがある人でも、皆が使っているから大丈夫だろうとか政府や携帯電話会社も身体に悪いものを提供するはずがない、と思い込んでいる人が多い、優しい日本人ということだろうか?
不安を煽るつもりは無いが、最低限の知識と対策はするべきだということから発信しています。
例えば、電磁波防止グッズなるものも発売されていますので、妊婦さんは見ておいてください。自分だけでなく、お腹の赤ちゃんのためにも!