IH調理器と電磁波

最近はオール電化の家が増えています。また、IHクッキングヒーターにすると調理後のお掃除も楽だし、調理自体も火加減だとか火の始末の安全装置などもあり、主婦からは人気ですよね。
ですが、以外と知らないのが『電磁波の影響』なんです。
そりゃメーカーはそんな事は購入時に言いませんよ!そんなことを言っていたら、売れるものも売れなくなりますからね。。
ましてや家庭内の電化製品その全てが大小はあるにせよ電磁波を発生しているのだからIH調理器だけが悪いんではない、と内心思っていることでしょうね~。


IHクッキングヒーターは火を出さない代わりに、大量の電磁波を発生させています。大袈裟に言いますと、電磁波によって調理をしているといっても良いでしょう。
一般的に電磁波の影響は4ミリガウス以上から健康被害が生じる・異常をもたらすと言われています。とくに乳幼児から学生までの子供や妊婦さんへの健康被害が深刻化しているとの懸念もされています。
電磁波が私たちの体内に入り込み誘導電流を発生させるのですが、この誘導電流が原因となってホルモンバランスや免疫機能に悪影響を与えていることが知られています。
その結果として女性なら乳がん、子供には小児ガン発症リスクを高めているとの調査報告書もあるほどです。
対策としては、IH調理器具を使っている際は正面に長時間立っていることを避けること。これは一定の距離を保つことで電磁波の影響が軽減されるからです。
さらに妊婦さんや妊娠前の女性なら電磁波防止エプロンを着用することもオススメします!
楽天市場やアマゾンでも多数販売されていましたが、こちらの商品は特許出願中の電磁波遮断シートを採用。またメーカー直販のため、価格も安いので安心して購入しました♪