携帯電話の危険性やリスクについて

妊娠中の携帯電話の使用によって、お腹の中の赤ちゃんに何かしらの影響があるのかどうかについてネット検索したところ、次のような記事を見つけました。
・妊娠中の携帯使用、子どもの行動障害リスク高める可能性 研究

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2778210/6557162

AFPBB News で発信はフランスですが、日本語で読むことができます。


その内容を要約すると次のような感じでした。
1.英医学専門誌「Journal of Epidemiology and Community Health」に妊娠中に携帯電話を定期的に使用すると、行動障害の子どもが産まれる可能性が高くなるという調査結果が掲載された。
2.デンマークで実施された母と子の健康追跡調査「デンマーク国家出生コホート(Danish National Birth Cohort)」の結果、妊娠中、出産後ともに携帯電話を使用していた母親から産まれた子どもでは、行動障害を持つ確率が50%高くなった。
3.母親が妊娠中にのみ携帯電話を使用した場合、子どもが行動障害を持つ確率は40%高くなり、出産後にのみ使用した場合、この確率は20%にまで減少した。
これらを発表した研究者らは「携帯電話と問題行動を起こす子供との因果関係があるとは断定できない」としながらも、「(子どもを)早い段階から携帯電話にさらすことにはリスクを伴う可能性があると言います!
電磁波の人体に与える影響は、やっぱり怖いです。。