やっぱりあぶない、IH調理器 電磁波の被害を、第二のアスベストにするな:船瀬俊介

やっぱりあぶない、IH調理器 電磁波の被害を、第二のアスベストにするな 新版
船瀬俊介(著)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
発売日:2005年9月19日
ISBN:9784883203314
著者名:船瀬俊介
出版社:三五館
サイズ:単行本
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
オール電化に憧れる前に、オール電化に入居する前に、リフォーム・引っ越しをする前に、あなたと家族の安全・安心について考える時に読む本です!
旧版から新情報なども付け足しての新版。電磁波の被害を第二のアスベストにしたくないという思いから著者の船瀬俊介さんが書いています。
あくまでも生活者サイドに立った著者が伝える、電磁波から身体を守るための最新情報ガイドです。
妊婦さんや乳幼児からペースメーカー装着者、原因の分らない疲労感や頭痛に悩まされている方は、ぜひ一度手にとってお読みください!


・オール電化の利点ばかりが取り上げられていますが、この本を読んでからオール電化を考えても遅くはないと思いました。
・「やっぱりあぶない」シリーズです。
少々誇張が含まれているような印象を受けますが、電磁波やIH調理器についての知識として頭の片隅に入れておくくらいは良いでしょう。
・電磁波は体によくないだろうと思っています。
IH調理器、最近あまりに出回っていてどこでも利点ばかり書いてあるので どう危ないのか知りたくて購入しました。
掃除しやすそう&ベビーがいても安全そうだったので惹かれ始めてましたが、これを読んで IH調理器はきっぱり絶対やめます!うちは当面はガスしか選択肢がないですが、将来的には燃料電池にしたいです。
(燃料電池についても少し書いてあります)IH調理器・オール電化導入を検討されてる方、皆さん読んでみてほしいです。
・元ニューヨーク州立大学教授、ロバート.ベッカー博士の電磁波の安全基準を1ミリガウスまでとすべきだという学説を基に、日本の電気製品の安全性を点検し警鐘を鳴らしています。
浴びる電磁波の量は、電磁波を出している製品から1メートル離れれば、千分の一まで激減します。
どの程度家電製品から離れれば安全かを分かりやすい絵で表してあります。
IH調理器や電子レンジがケタはずれに危ないことが分かります。
本屋で立ち読みしてでも、是非一度読んでおいたほうが良いという点でおすすめの本です。
・本屋で立ち読み、家電の電磁波は放射能、ガンの発生率が20倍もあるということに恐ろしくなり、もっと勉強しようと思った。
オール電化住宅にして頭痛や吐き気、倦怠力になった人たちの原因が電磁波だったという事実は無視できない。
電磁波は自然界にはない コバルトを浴びるような恐ろしいものだということを認識する必要があると教えてくれる本。