携帯電話の電磁波防止 方法について

携帯電話の電磁波がテレビやパソコンとは違い特に人体への悪影響があると分ったが、ではどうやって防げば良いのか?といった疑問について、アメリカ・ピッツバーグ大学がん研究所が『10の予防的手段』を発表しました。
その方法とは以下の通りです。


2.携帯電話で通話するときは、端末を身体からできるだけ離すこと。身体から6センチも離せば電磁波の強さは4分の1にもなる(1メートル近くも離せば、50分の1になる)。スピーカーフォンタイプの装置やヘッドセットを使えば、100分の1以下になる。
3.乗り物の中で使用しないこと。同乗している他人を曝露させることになるから。
4.携帯電話を常時身体に密着して持ち歩かないこと。寝るときに枕元に置くことも止めること。特に妊娠中は厳禁である。そうしたいのなら、電源をオフにすべきである。
5.身体につけて持ち歩かざるを得ないなら、携帯の「向き」に気をつけること。操作キーが並んでいる面を身体の側に向けるようにすること。そうすると、電波が身体を透過する割合が減る。
6.携帯電話の通話時間はできるだけ短くすること。通話時間が長くなればなるほど、身体への影響が大きくなる。これはコードレスフォン(親機と子機)でも同じである。
7.携帯電話で通話する場合は時々、端末をあてる耳を右側、左側と交互に切り替えること。ま た、電話をかける場合は、通話相手が電話に出てからはじめて端末を耳に近づけること。これで、強い電波が出ている間の曝露をある程度抑えることができる。
8.電波の弱いところや高速で移動している場合などは、通話しないこと。このような状況では、近接した基地局とつなげるため、最大出力の電波を頻繁に出すことになるから。
9.通話でなくメールで済ませられるなら、そうすること。メールの場合、身体から端末をかなり離した状態で使用するので、曝露量が抑えられる。
10.SAR値の最も小さい機種を選ぶこと。各機種のSAR値はそれぞれのメーカーのホームページに公開されている。
信じる、信じないはあなた次第です。しかし、赤ちゃんや子供を守るのは、“あなた”しかいません。分らないっと言って、現実逃避だけはしないでくださいね!!!