送電線の影響と妊婦や胎児

ヤフーで「電磁波 影響」と検索すると、その結果が3百万ページも出てきます。

さらに検索結果1ページ目の下にはヤフー知恵袋のQ&Aが掲載されていました。

ただ、これは私が検索した時の結果なので、この記事を読んだあなたがその時にヤフー検索をすると少し変わっているかもしれません。試してみてくださいね。

私の場合、今現在では、質問やその回答が2005年3月3日から2008年3月9日までの3件が表示されていました。

その中の一つが『高圧線の近くの物件の価値だったり電磁波の影響の質問をよく見かけますが、近くというのはどのくらいの距離をさすのでしょうか?』といった質問および回答がありました。

その回答の中でベストアンサーに選ばれていたのは以下のような回答でした。

『高圧線の近辺は購入するときはやや安く購入できますが、転売が非常に難しかったり、人に拠っては体調を崩す人もおられますのであまりお勧めではありません。たしかフィンランドで高圧線の下にある家の調査で奇形児が多く産まれ電磁波問題が騒がれた事がありましたが、さすがにスウェーデンの携帯電話会社のエリックソンもその後の調査で子供たちによる携帯電話の規制を早くからかけた記事をヨーロッパで読んだ事があります。どちらにしろ、そのような可能性があるかもしれないという心配を抱えて生活されるより、別な所を探されたらどうでしょう。』

子供の健康を願うのは親として当たり前だと思います。

少しでも疑わしいのであれば、子供にそんな危険を冒したくはありません。

なので、胎児しかり妊婦さんも同様に、電磁波防止エプロンなどで電磁波予防をするのはしごく当然だと思います。

後で後悔するよりも、今出来る事を全てやっておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>