電磁波の影響を防止するためには?

「サルでも分かる電磁波の危険性」というのを見てハッとさせられました。(汗)
電磁波を浴びる事を「被爆」と言うそうです。。
さて、アメリカでは話題となり書籍や映画にもなった電磁波問題。これは、変電施設近辺の住宅に住む住民の白血病患者が多数でて、発電施設・送電線・変電所などの電磁波の影響が指摘されたという内容。
日本では先進国中でもこの電磁波問題への対策や研究が非常に遅れています。


高さの規制はあるのですが、その近辺の住宅などの規制が無いために、送電線のすぐ真下に家が建っているといった風景はよく見ることがあります。
特に私も大阪府門真市の出身なので、古川橋駅や大和田駅から歩いてすぐのところは、歩いたり自転車で通るのさえ嫌な場所です。。
特に深刻なのは、子供と電磁波の影響です!
電気製品や強い電流の流れる送電線から出る超低周波という種類の電磁波については、子どもの健康に影響があるという調査結果が出ています。これは国立環境研究所などによる初の全国調査です。
なので、妊婦さんなどは特にお腹の中の赤ちゃんの健康や未来について考え、電磁波防止エプロンなどの着用を検討し、実行して欲しいものです!